難病治療に

|健康食品として用いられている日本山人参の葉について


日本山人参の葉


sponsored link

日本山人参は、健康食品として注目を集めています。

元々日本山人参の根に身体に有効な成分が多いと注目を集めていましたが、近年の研究の結果、には根よりもクマリン系YN-1(イソエポキシプテリキシン)という成分が豊富に含まれていることが分かりました。

特に秋の熟成したには、寒い冬を越すために多くの栄養分がに生成され、多くの有用成分が含まれます。

日本山人参の秋摘みのには、有効な成分が多い根よりもさらに多い約2倍の有用成分が含まれます。

日本山人参の根には薬効成分として主にYN-1(イソエポキシプテリキシン)、アノマリン、イソプテリキシン、アンゲロイロキシーイソプチリロキシ‐デイハイドロセセリンの4種類のクマリン系化合物が豊富に含まれています。

日本山人参の秋摘みにはこのうちYN-1(イソエポキシプテリキシン)が根よりも豊富に含むことが分かりましたが、他の成分は微量でした。

日本山人参(ヒュウガトウキ)の根は平成14年11月、厚生労働省により医薬品(生薬)認定されており、健康食品として販売できません。

健康食品として流通している日本山人参(ヒュウガトウキ)は、いずれも原材料にが使われています。

クマリンは芳香族化合物の一種で抗酸化作用や抗菌作用がありますが、肝毒性もあります。

クマリン系を多く含む日本山人参の薬効は多くの大学で研究され「和漢医薬学会」や「日本生薬学会」で発表されています。

その研究で急性毒性実験が行われますが日本山人参の動物実験の結果、急性毒性試験では全く異常なしとされ、実験対象となった動物の半分が死亡するに至る薬の量を使うLD50検査でも安全性が証明され、日本山人参は薬用として上薬となることが明らかにされました。

[スポンサードリンク]