難病治療に

|日本山人参のもつ抗ガン作用について説明します。


日本山人参の抗ガン作用


sponsored link

日本山人参には様々な薬効があり、もちろん抗ガン作用もあります。

日本山人参はナチュラルキラー細胞やマクロファージなど免疫細胞を活性かし、免疫力を高める効果があります。

日本山人参を摂った結果、ガン細胞やウイルスを直接攻撃するナチュラルキラー細胞が増えることが確認されました。

このため、特に抗がん剤が効きにくいガン日本山人参は効果を発揮します。

日本山人参を飲んでガンが消えたという人や抗がん剤やホルモン療法、化学療法と並行して日本山人参を飲んで回復したという例もあります。

ガンが出来るとガン細胞からトキソホルモンLという物質が分泌され、この毒素が脂肪細胞に作用して、脂肪の分解を促進し、また脳の食欲中枢に作用して食欲低下を起こさせます。

ガン患者が痩せていくのはこのためです。

日本山人参から水抽出したエキスは、ガン毒素トキソホルモンLの活性を阻害し、ガン患者の体力低下を防ぎます。

日本山人参ガン細胞がもつ発がんプロモーター(発ガン促進物質)を抑制し、ガンの発生を抑える効果があります。


日本山人参の抗ガン作用
・ナチュラルキラー細胞を活性化し増やし、ガンの増殖と進展を抑えます
ガン毒素トキソホルモンLの活性を阻害し、体力低下を抑える
・発ガンプロモーターを抑制し、ガンの発生を抑える

[スポンサードリンク]