難病治療に

|日本山人参には多くの女性が抱えている子宮筋腫を小さくする作用があると報告されています。


日本山人参と子宮筋腫


sponsored link

日本山人参は血圧を下げるという珍しい効果があるほかに、生活習慣病の糖尿病の改善や動脈硬化の予防、抗がん作用が知られています。

また女性に増えている子宮筋腫の改善効果もあると報告されています。

日本山人参を飲んで子宮筋腫が縮小したそうです。

子宮筋腫とは子宮の平滑筋(筋節のない筋肉)にできる筋肉のコブのような塊のことです。

子宮筋腫は本来良性の腫瘍で際限なく大きくなったり他の部位に転移することはありません。

子宮筋腫は多くの成人女性がもっており、診察を受けると10人中2〜4人は子宮筋腫であるとも言われています。

また極小さい子宮筋腫まで調べればほとんどの女性が持っているといわれています。

子宮筋腫が悪性ではなく、また大きくならないと診断されたのなら治療の必要はありませんが、大きくなり重度の子宮筋腫になると手術で摘出する必要があります。

自然に子宮筋腫を小さく治療できればそれに越したことはありません。

そこで日本山人参の出番です。

日本山人参には生活習慣病などを改善する成分が含まれていますが、子宮筋腫にどの成分が効くのかはわかっていません。

日本山人参には女性ホルモンを促す効果や、血流を改善し子宮に血液を集め生理を正常に促し子宮内を綺麗にする効果があり、その結果子宮筋腫を小さくすると考えられています。

また日本山人参を飲んだ高齢の女性の骨密度が上がったという報告もあります。

日本山人参子宮筋腫の縮小のほかに身体の健康のバランスを整える効果があるんですね。

[スポンサードリンク]