難病治療に

|日本山人参の栽培は、自生地と同じような条件で栽培すると育ちやすい。


日本山人参の栽培方法


sponsored link

日本山人参はその効能の高さから江戸時代の薩摩藩の霧島と高千穂地方の領民が栽培していました。

日本山人参はヒュウガトウキとイヌトウキの2種類があり、効能の高さから古くから栽培されていた日本山人参はヒュウガトウキです。

ヒュウガトウキは阿蘇山霧島山系、四国剣岳山系、紀伊半島山中の3箇所で自生が確認されており、他の場所では確認されておらず、中国にも存在しない日本独自の薬草です。

イヌトウキは主に和歌山県や四国に自生しています。

日本山人参(ここではヒュウガトウキのこと)の栽培は個人でするのは難しいでしょう。

なぜなら自生地は阿蘇山の溶岩で出来た岩の割れ目で、昼夜の温度差は大きいためです。

それでも栽培したい方は、自生地に近い形で栽培するようにしましょう。

日本山人参は日陰を好みます。

そのため日陰になる北側の場所が最適です。

日本山人参栽培には農薬や除草剤を使用せず、そして化成肥料も使わず、有機的に育てることで栄養価の高い日本山人参が出来ます。

育ってくると病気や害虫に強くなり、農薬を撒く必要はありません。

低地ではなく高地で栽培することで栄養価の高い日本山人参ができます。

低地では平均気温が高くなり、直ぐに大きくなりますが、その反面栄養価が低くなるそうです。

なるべく日陰でしっかりと栽培しましょう。

[スポンサードリンク]