難病治療に

|「神の草」と呼ばれる日本山人参の苗は、今では人気があり九州ではなくても通信販売で買えます。


日本山人参の苗


sponsored link

「神の草」といわれる日本山人参から育てたい人は多いと思います。

育てて自分で摘んだ葉をそのまま食べてみたい人や、根の部分を食べてみたいという人まで、または観賞用として育てたい人も居るでしょう。

しかし日本山人参を育てて、薬効を体感したいという人は注意が必要です。

なぜなら日本山人参と呼ばれる植物には2種類あるからです。

観賞用で日本山人参を育てるなら草丈や葉の違いはあるものの、どちらにも趣があり気にしなくて良いと思います。

薬効があり昔から「神の草」と呼ばれた日本山人参は「ヒュウガトウキ」です。

「イヌトウキ」も日本山人参と呼ばれていますが、今では薬としての日本山人参は「ヒュウガトウキ」をさします。

育てて食べるなら「ヒュウガトウキ」の日本山人参を選びましょう。

ヒュウガトウキの根は平成14年に厚生労働省から生薬認定をされたので、一般に出回っていません。

ヒュウガトウキを育てて根を食して薬効を体感してみてもいいかもしれませんね。

日本山人参は通信販売で売られています。

業者によってはヒュウガトウキとイヌトウキを一緒に日本山人参として扱っていたり、日本山人参=イヌトウキとして扱っている業者もいます。

ヒュウガトウキ日本山人参として、栽培農家より直接買い付けている業者もあるので、ヒュウガトウキを扱っている業者を選びましょう。

[スポンサードリンク]